閉じる
閉じる
閉じる
  1. 山形県千日和牛が食べられる三軒茶屋のお店。野菜も美味しい!
  2. 広島県福山市にあるオシャレ可愛いカフェで昼飲み!
  3. 東京都内にあるからあげグランプリ最高金賞受賞のお店でからあげ食べ比べ
  4. 船橋市のいきなりステーキ。オープン日に行ってきました。
  5. 三軒茶屋で本当におすすめなお店一穂。海鮮と野菜が美味しい!
  6. 赤坂ではしご酒!?和洋折衷の餃子が食べられる餃子専門店
  7. 大人気!千疋屋の食べ放題を日本橋総本店で体験。食べ方のコツをご紹介!
  8. 九州料理がまるっと楽しめる田町の居酒屋で鶏刺しを食べる!
  9. 【三軒茶屋グルメ】こだわり抜いた焼き鳥が食べられる華舞㐂屋ろんど
  10. 六本木にある格之進82。熟成肉と海鮮の組み合わせが楽しめる肉割烹
閉じる

グルメブロガー・バーボンなつき

福岡市に行ったら〆で絶対行きたい「つどい」の訳あり麺を食べてみた。

福岡市に行くと決まったタイミングで連れが絶対このお店に行きたい!!とのことで、たらふく食べて飲んだ後、3軒目で伺いました。

つどいの行き方

薬院駅から徒歩7分のところにこちらのお店はあります。
博多駅からだと1回乗り換えが必要ですが、電車での移動時間は20分くらいです。
私達は中洲からの移動で最寄り駅は中洲川端でしたが時間も遅く、また距離を調べると2キロ位だったのでタクシーで行きました。

お店は裏路地にあり、少しわかりにくいところにあります。
そして更に細い道の奥にありました。
すれ違いが出来るか微妙なスレスレの細さ。本当にここであっているのか…不安になる出で立ちです。

しかし小道入り口に看板?と思われる案内がありました。

こんなのもあります。

 

そして小道を奥に進むとステッカーがたくさん貼られた扉が出現します。
本当にここなのか…再度不安になりながら扉を開けるとそこにつどいはありました。

つどいの店内・雰囲気

外は少し怪しい雰囲気でしたが店内は明るいです。
全てカウンター席。

店内にはレコードケースやポストカード、ポスターなどが貼られておりその隙間に謎の言葉が書かれています。(笑)
これをずっと眺めているのも楽しい。

 

私がツボにハマったのはこれ。
カウンターの端っこに小さいシールが貼られていました。
なんとも哀愁が漂う絵柄。思わず写真を撮ってしまいました。

つどいのメニュー

メニューはこれと

これだけ。
基本的に「汁ありのアレ」と「汁なしのアレ」。
「訳ありのアレ」。「ソレ」、「ソレの大盛りヘップバーン」で構成されています。
この時点で行ったことが無い人はちんぷんかんぷんですよね。

お店の中は何かスパイスの香りが漂っています。

汁なしのアレ

まずは「夜の匂い(580円)」という謎のお酒で乾杯
ちょっと独特、しかしさっぱりとしたお酒でした。

そして、待ってました!「汁なしのアレ(680円)」
こちらはとあるインスタントカップやきそばのオマージュ?インスパイヤ?された商品とのことです。

下にお肉とキャベツがあるので混ぜ混ぜしてからいただきます。
麺の細さはカップ焼きそばの「アレ」とだいぶ近いです。

さぁ!早速食べてみます。
「アレ」に似せた商品だと聞いていましたが、アレとだいぶ近いですが何かが違う。
また少し違というか美味しい。
アレはちょっとクドくて途中で飽きることがあるのですが、こちらの「アレ」はクドさがなくてするする食べられます。

お肉とキャベツは再現性がかなり高かったです。
これはまた食べたい、というか全体感でまた来たいと思いました。

お店の混み具合、そしてつどいの店主

お店はそんなに広くないです。
私達が行った時間は24時くらいで8割ほど席が埋まっていました。
そして続々お客さんが来ます。
店主に何時に来るのがおすすめか聞いてみたところ
「やはり飲んだ後の〆に来る方が多いのでこの時間は混みますね」とのこと。
お店は20時から26時まで営業していますので絶対食べたいという方は早めの時間に来た方が良いかもしれませんね。

最後に店主をぱしゃり。快く写真を撮らせてくれました。

とても楽しい博多の夜。
次はソレの大盛りヘップバーンが食べたいです♪
ご馳走様でした。

つどいラーメン / 薬院大通駅薬院駅西鉄平尾駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

関連記事

  1. 西中洲のワインバー。福岡美味しいもの巡りツアーはまずここからスタ…

  2. 中洲の人気居酒屋【あほう鳥】とにかく安くて美味しい!!

  3. 美味しいお酒と素敵な時間。博多・中洲の夜はBARで締め括る。

  4. 博多駅近くの24時間営業ウエストで朝ごはんにてうどんを食べる

  5. 博多いもっ子屋の福岡空港限定「辛子明太子おにぎり」を食べなから飛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る