閉じる
閉じる
閉じる
  1. 牡蠣肉やうにく、窯焼きステーキが食べられる六本木一丁目にある絶品隠れ家…
  2. 船橋で美味しいお肉が食べられる創作鉄板料理の粉者二焼で和牛を食す!
  3. 神田駅チカ居酒屋の鳥刺しが絶品だった!大山鳥を使用した新鮮鳥料理
  4. 餃子好きにはたまらない色んな餃子を楽しめる宇都宮餃子【来らっせ】
  5. 東京駅構内にある格之進TSB。東京駅で駅弁を買うなら肉弁当がおすすめ!…
  6. 西船橋にあるラーメン嘉祥kasyoにて味噌ラーメンを食べてきました
  7. 大行列の焼肉屋さん。ホルモン最高!
  8. 名古屋市新栄町にある馬肉専門店。馬刺し・馬焼肉が最高にウマい!
  9. 門崎熟成肉の格之進アールプラスにてスペシャリティな熟成塊肉をいただく
  10. 岡本庵シャポー船橋店に行ってみた。とんかつのお味は?
閉じる

グルメブロガー・バーボンなつき

ケンタッキー数量限定新商品「やみつきチキンだれ」と「やみつきチキン南蛮サンド」を食べてみた

ケンタッキーというか鶏肉が何よりも好きです。
鶏肉好きとしてケンタッキーから新商品が出るとなると、発売日に食べない訳にはいかないのです。

ケンタッキーフライドチキン浅草店

今回行った店舗は「ケンタッキーフライドチキン浅草店」です。
雷門を背にして左に行き、信号にあたったら渡らず左に行くとあります。
イートインスペースは全て2階、全席禁煙です。

やみつきチキンだれ(単品270円)

サンドよりこちらがメインで楽しみでした。
見た目はタレでテラテラしています。

公式ホームページ

かつお、焼きあご、さば、昆布、いりこ。
だしにこだわった醤油だれを、 チキンにたっぷり。
胡麻や海苔をパラリとふりかけ、 和風な味わいに仕上げました。
この秋だけのお楽しみ、ぜひお早めに。

部位にも寄ると思いますが、食べる場所によっては味が薄く感じ、もう少しタレを付けてほしいなと思いました。
また、ふりかけがまばらかな?って少し思いました。
そして味付けについては出汁を押し出していますが、全体的に甘くあまり出汁は感じられませんでした。
それはそれで良いと思いますが、出汁感を感じてみたかったです!

やみつきチキン南蛮サンド(単品420円)

バンズは白めでキャベツがどっさり入っています。

公式ホームページ

たまごたっぷりのタルタルソースに、 醤油とお酢を合わせた南蛮だれ。
チキンカツにどっさりのせて、 サンドにしました。
一度食べたら、やみつきな美味しさです。

タルタルソースは少なく感じました。
しかし、しっかりとタルタルは感じられます。
チキンカツはさっくりしていて甘酸っぱいお味。ボーリューム感があります。

カーネリングポテト

久しぶりのケンタッキーでポテトの形状が変わっていた事を知りませんでした。
パサパサ感がなく、以前よりこっちの方が好きです。
三日月形で可愛い!

今回、新商品を食べて見て思ったことは店舗により少し味が違うかも?ということ。
また違う店舗でやみつきシリーズを食べてみたいと思いました。

ランチタイムは単品よりセットの方がお得!?

新商品の2つを食べたかったのですが、量的に食べきれるか少々不安でした。
正直ポテトはいらないかな…と思ったのですが、単品で2つ+ドリンクで注文するよりもセットの方がお得とのことで「やみつきチキンだれ単品(270円)」と「やみつきチキン南蛮サンド+Mポテトセット(690円)」を注文。

鶏肉好きなのに実はケンタッキーはだいぶご無沙汰でした。
なぜセットの方がお得なのかというとランチタイム(10時〜14時)にランチバリューセットたるサービスがあるからです。

「やみつきチキン南蛮サンド単品(420円)」+「ソフトドリンクM(240円)」=660円
ランチバリューセットの場合、セット価格は690円なのでポテトは30円ということになります。
そしてこの時間帯以外はセット価格は720円なのでポテトは60円ということになります。
ちなみにセットにつくポテトの単品は250円です。
非常に微妙な差ですが迷った時は参考にしてください!

ケンタッキーフライドチキン 浅草店ハンバーガー / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

  1. カフェベローチェにてマンゴーラッシーを飲んでみた

  2. 上質な一人飲みができる門前仲町のビストロ【びす寅】

  3. 錦糸町でジューシーなロティサリーチキンが食べられるバル

  4. 全てのお肉が美味くて感動。コスパが高い絶品焼肉

  5. けんちん汁で蕎麦とうどんを食す。赤羽橋の志な乃

  6. 麻布十番にあるお洒落なうどん屋さん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る